費用と効果

制作時の注意点

ホームページ作成 費用と効果HPの制作費用は高い、そして意味のわからない単語を並べて、作った後は何もしてくれない、大金を払って作ったけれど今は放置状態・・・等の話をよく聞きます。HPに期待をして作ったけれど全くの意味のなさないものになってしまった例です。

これから新しく作ろうと考えている、リニューアル(作り直し)を考えている場合は参考にしていただければ幸いです。

HP制作会社は大企業から中小企業、個人自営業からフリーランスまで、いろいろあります。又、専門会社もあれば、片手間でやっている会社もあります。ちなみに当事務所は個人自営業になり、専門的に制作しています。ここで専門会社の相場を紹介します。

◆HP専門の大企業:20ページ前後で約60万円ー100万円。

◆HP専門の中小企業:20ページ前後で約30万円ー60万円。

◆個人自営業、フリーランスは各々設定で相場は不明。

相談するのであれば、専門業者に相談することをお勧めします。片手間で制作している会社はだめです。たとえば、ファックスやコピー機を代理販売する会社などでHPを制作していたりします。この場合専門家ではありませんから、HPという形は作っても、それだけですから、お勧めしません。

HP専門業者に、状況や目的を話してみてください。専門業者は、自分たちの専門知識で、1)どのような職種で、2)どのようなターゲットに向けて、3)どのように展開し、4)どのように目的を達成するのかを明確にしてくれるでしょう。手段や作業の手間などを考慮して専門家から金額が導きだされるでしょう。数社から見積をとってみてください。見積もり時に取るとても重要な2点があります。それは、制作費用と制作した後に運営にかかる費用です。

HP専門会社に依頼したのであれば、失敗はほぼないと思って大丈夫です。餅は餅屋ですから。ただし、デザインなど凝ると高くなります。専門のデザイナーが世界でひとつのデザインを作りますから、お高くなるのは当然です。あれもこれもというとプログラムも専門のプログラマーが世界でひとつのプログラムを作りますからこれまたお高くなります。

特にHP専門の大企業は一流のデザイナーやプログラマーが揃っていて、多数の人間が関わって制作しますから、お高くはなるでしょう。そしてランニングコストも当然比例して高いでしょう。

当事務所の場合

当事務所の場合ですが、「HPを作る時の目的は何であるか、その目的を達成するためにはどうすれば効果があがるか、実際に作った後は、目的は達成できたか、効果はあるのか、だめであるならば修正をする必要があるかないか等、作る前と作った後を良く考えて作る」ようにしています。

この点はとても大事で丁寧に説明させていただいております。

はっきりといいますが、現在はデザインではありません。又、昔風のSEO対策でもありません。

昔のSEOの概念だとトップページが検索エンジンの1位から10位までにくることがベストと思われていました。今は違います。

今のSEO主流あるいは手段は「検索した人が満足する情報を提供できている」ページが検索エンジンの上位に来ていることなのです。必ずしもトップページである必要はないです。だってトップページはたいがい概要しか書いていませんから。この考えは私ではありませんよ。グーグルの考えです。

この点が理解できるかどうかでHPを成功に結びつけるかどうかにとても影響します。ネットは進化しています。グーグルは今や世界一の検索エンジン会社です。

それとHPは作ることよりも「作った後」が大事です。

どういう意味かといいますと、HPは生き物と同じだと思ってください。情報が新しく、有益であれば生きていることになるし、情報が古いままなら現在時点で正しい情報かどうかわかりません。それは、生きていないことになります。この生きていると思ってもらうための情報の更新や反応をみての修正などを、細めに行う必要があるということです。この点も作る前に考えておかなければならないことです。

詳しくはサービスと価格をご覧ください。

 

更新日:2018.02.07

サブコンテンツ

このページの先頭へ