速報!グーグルはスマホ対応ではないサイトの順位を下げると決定!

ついにグーグルが決定を発表しました。2015年2月26日、現地時間。

ウエブマスターセントラルブログ

2015年4月21日以降適用されますが、

スマホ、タブレット対応ではないサイトの「モバイル用検索エンジン」での順位が下がります。

 

「ついに来たな。」という感想です。

当事務所では約4年位前から「レスポンシブデザインの採用」を推し進めてきました。

どうして推し進めてきたかというと、グーグルがレスポンシブデザインを推奨していたからです。

どうしてグーグルがレスポンシブデザインを推奨していたかというと、スマホとパソコンでソースが違うと別々に検索エンジンで登録しなければいけなくて、非合理的だからです。同じサイトなのに。検索エンジンを利用するお客様が不便に感じるだろうということから。

その非合理を解決するのが、ひとつのソースで、スマホでも閲覧でき、パソコンでも閲覧でき、もちろんタブレットでも、そんなホームページを作ること。「レスポンシブデザインでホームページを作りなさいよ。」と。グーグルはかなり前から推奨して、動き出していたのです。

 

スマホ対応でない場合のデメリット


注意!
今、モバイル検索エンジンの上位にいるサイトさんで、スマホ対応でない場合は、大至急スマホ対応にしないと、大損をすることになります。

注意!モバイル検索エンジンの上位にいないというサイトさんは、いづれ、検索エンジンの対象からはずれる可能性もいなめません。

注意!どちらにしろ、スマホ、タブレット対応にしておかないと、サイト自体を持っている意味を無くしてしまうことはまちがいないでしょう。PCではなく「スマホとタブレット」で行動するケースがPCのそれよりもはるかに上回るからです。

私見ですが、この動きはやがてPCの検索エンジン結果にも影響を及ぼします。そんな遠い先ではないうちに。

 

スマホサイト対応依頼の際の注意点

この動きはWEB業界には神風になるはずです。スマホ対応サイトの作成が急務になるので、とにかく依頼しなければとなるからです。

でも、待ってください。覚えておいてほしいことがあります。

サイト作成会社に依頼する時、必ず、「レスポンシブデザインで」と言ってください。

これがグーグルが一番望んでいることです。

PCサイト用とスマホサイト用とふたつを別々に作ると言う会社があったら、それは「詐欺」の類です。

十分に気をつけてください。「詐欺」にはだまされないように!

 

 ワードプレス運用とHTMLの決定的な違い

さて、次のステップです。

レスポンシブデザインでスマホ対応のサイトにすることは、わかった。しかしながら、それで終わりではありません。

運用方法です。今後は、ワードプレスでの運用をお勧めします。でも、昔ながらのHTMLでも問題ありません。

 

ワードプレスとHTMLの決定的な違いは、ネットの世界での露出度と露出速度が全然違います。

HTMLは荒野に一軒家を建てるようなもので、ワードプレスなら、地方都市に一軒家を持つ位の違いがあります。

察しの良い人ならおわかりだと思います。

荒野の一軒家で人が来るのを待つのか、地方都市で人が来るのを待つのかということです。

 

 当事務所に依頼した場合の特典

これも当事務所の持論ですが、サイトは作ったら終わりではありません。作ってからがスタートなのです。

作ってからいろいろと調整をかけ、サイトとして仕事をするようになります。そのフォローをいたします。

具体的には、

  1. ご自分でする更新の方法を無料で講習します。(ワードプレス運用のみ)
  2. 記事の書き方を無料で講習します。

上記2点はとても重要なファクターです。

ただ、やみくもに数だけ書けばいいというものではありません。ライバルを押しのけ、検索エンジン上で勝ち残ることができる内容になっています。又、最新の情報とその先の動向もふまえての講習ですので、その後の効果は満点になると自負します。その点はWEB業12年の当事務所にお任せください。

 

制作の流れ

遠慮なく、お電話、メールなどでお問い合わせください。

049-288-6418

info@plusalfa.biz

  1. お話をうかがって、こちらより最適な案を書面にて提出いたします。
  2. 書面の内容をご検討ください。(ぜひ、数社のあい見積もりを取ってください。)
  3. 内容がOKであるのならば、契約書を提出致します。
  4. 契約書の内容がOKであるのならば、取り交わします。
  5. 契約書の取り交わしの後、制作がスタートします。

(2013年-2014年に詐欺のような取引に巻き込まれた経験から、今後は書面での契約を重要視いたします。あしからずご了承願います。)

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ