ランディングページとは?

ペロペロと1ページもので異常に上から下まで長いホームページを見たことありませんか? で、途中途中に「申し込みボタン」とか「購入ボタン」があるものです。

デザイン事務所代表のいとうたみこ(^-^)です。ホームページに関する「ちょこっと知識」2個目をお伝えします。

「LP」と通常書きます。ネット上で見かけたことありませんか?
正式名称を「ランディングページ」といいます。このランディングページには役割があります。

物品やサービスの購入や申込み、会社や学校の資料請求などユーザーに特定の行動を起こさせて成果(コンバージョン=CVともいいます)に繋げることが役割です。

ペロペロと1ページもので異常に上から下まで長いホームページです。で、途中途中に「申し込みボタン」とか「購入ボタン」があるものです。

私のように作る側からいうと、「成果があってなんぼ」です。成果の出ないランディングページは「NG」です。

もし、ランディングぺージを設置なさっている場合は、「成果」を確認してみてください。思わしくない場合は、修正、改善が必要ということです。

そして、設置していない場合は、相談できる人に相談なさってみてください。

「物品やサービスの購入や申込み、会社や学校の資料請求」という見込み客獲得のチャンスを逃しているかもしれませんよ。

本日の「ちょこっと知識」でした!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ